メインイメージ

税金上のメリット

合同会社の設立と税金上のメリットについて

合同会社設立は会社法の改正以降、徐々に増え続けています。この合同会社というのは従来存在していた有限会社の新規設立が出来なくなった代わりに誕生した新しい会社組織の形の一つです。最も一般的な会社組織の形である株式会社に比べると比較的簡単な手続きで会社を作ることが出来ます。そのためいくつかある会社設立の方法の中でも最も安く目的を達成することが出来る方法になっています。

このように合同会社を作る目的には色々なものがありますが、既に事業を行っている人が税金の減免などの税制上のメリットを得るために合同会社を作るということがあるのです。世の中には個人事業主と呼ばれる働き方をしている人が結構な人数いるのです。個人的な技術を使って請負で仕事をする場合に個人事業主と呼ばれる契約関係が生まれるのです。

このようなケースでは仕事を請け負う個人は無限責任を負うことになりますし、労働者としてはみなされないので様々なリスクをしょい込むことになります。このような状態から脱して法人化するということは自分自身の取り分となる給与を経費として算定して税金を減免できる法人の形を取ることには大きなメリットがあるのです。その法人格を取得する上で最も選択しやすく経費がかからないのが合同会社なのです。

合同会社を設立する目的が完全に法の庇護を受けるためにある場合は、合同会社となったとしても個人事業主と同じように働くことが出来るのです。ある程度の安定収入が得られる状態にあるのであれば、個人事業主として働き続けるよりも多少の経費を支払ってでも合同会社を設立した方が大きなメリットを得ることが出来るでしょう。

具体的に得ることが出来る税金上の利点としてはまず最初に消費税が挙げられます。消費税というのは年間の売上高が1000万円を超えると支払いの義務が生じてきます。その様な段階で会社を作れば、それ以後に年間は消費税が免除されるという特例措置があるのです。

まず得ることができる利点としてはこの消費税の減免があります。他にも個人事業主から法人を作ることで自分自身や従業員の給与を経費にして所得税の減免を受けることが出来るという利点があります。

これらの仕組みを活かすことで、全く同じ事業の成果を上げていたとしても残るお金には大きな差が生まれます。そのため、多少の経費をかけてでも会社を作っておくことは税制上の恩恵を大きく受けることが出来る手段なのです。